沖縄合宿&記録会

マネージャー柳川です。
沖縄合宿に同行してきたので猿山から聞いた話を皆さまにも共有させていただきます。

陸上選手は気候が穏やかな沖縄などにトレーニングに行きます。
今までも沢山沖縄に行っていて、沖縄はかなり詳しいようです。プロに転向してからは初めての沖縄で私も同行しました。
なぜ沖縄かというと、気候が穏やかだと体が良く動くからです。
しかし、良く動くからと言って調子に乗りすぎてしまうと大きな怪我にも繋がるので注意が必要とのことです。
コラントッテさんの磁気ネックレス、バンデルさんのブレスレット、チャンピオンさんのトレーニングウェア、タケヤさんの水筒と全身スポンサーさまからご提供いただいた商品です。
どれも猿山本人が気に入ったものなのでテンションが高まるそうです。
本当に有難いです。
私がいうのもなんですが絵になります。
猿山と良くトレーニングを共にする、走り幅跳びの手平選手。
記録もさることながらイケメンさんですので要チェックです。
たまたま沖縄で同じタイミングで合宿をされていた世界陸上常連の400mハードル安倍選手。
デカイと言っては失礼ですが、大きい。
この大きな体をあれだけ速く動かすにはどれだけ筋肉が必要なのでしょうか。
猿山お気に入りのお店サンスーシーさんに連れて行ってもらいました。
カレーうどんがおすすめだそうです。
美味し過ぎて翌日また行ってしまいました。
こちらは記録会の様子。
ウォーミングアップ。心地いい暖かさで良く体が動くそうです。
この時に今日のノルマは、
・一本目をファールしないで跳ぶ
・7.50mをクリアする
でした。
そして、これは試合ではなく実践的な跳躍練習だと語っておりました。
試合前に自分で目標を設定する点とシーズン初戦であまり気合を入れ過ぎないメンタルの保ち方に感銘を受けました。
新品のスパイク。これにも大変なこだわりがあるようで、ソールの硬さや形状など驚くほど細かくカスタマイズしているのそうです。
ヒモの結び方やどこに通すかなども足首の可動域などによって調整しております。
サポートいただいているミズノさまにも大変感謝です。
チャンピオンさんのトレーニングウェアは会場でもとても目立っておりました。
猿山のプロ転向当初からスポンサード頂いている夢八天さんの運営するメディア、スポペディアのロゴを胸に跳躍する様子。
あいにく一本目はファールでしたが、3本目できっちりと7.58mでノルマクリア。
本当は後3本飛べるようでしたが、欲張らないで今回の記録会は終了しました。
この辺りも自分の気持ちを抑えるメンタルに感銘を受けました。
試合後に火照った体をクールダウンするためにまだ少し寒いのですが、海へダイブ。
この後は、さらにウエイトをして翌日もきっちりトレーニングして今回の合宿は終了しました。
本人いわく、調子は悪くないとのこと。
6月の日本選手権が楽しみです。
応援よろしくお願い致します。

Rikiya Saruyama Official Website

プロ陸上競技選手猿山力也公式ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000